初回ご予約フォーム お問い合わせ よくある質問
首・肩こり、痛み
保険診療ご案内
首・肩こり、痛み
こちらは参考例です。
お客様の症状により、
診察等が異なる場合がございます。
首の痛み、首のこり
首の筋肉は起きている間は常に使われています。成人の頭は体格によらずほぼ5~6kg、ボーリングのボールと同じくらいの重さです。そんな重さを常に支えている首の中には大切な血管や神経が入っています。また腕を動かすときには首や肩の筋肉を同時に使いますので、首から肩にかけての筋肉はとても疲労が溜まりやすく凝り固まりやすいのです。
主な診察例
問診、触診、レントゲン検査などの結果と併せて総合的に判断します。頸椎症、頸椎椎間板ヘルニアなどの頸椎の疾患のほかに、ストレートネックなどのこれから頸椎の疾患に移行する状態が隠れていることがあります。適切な運動療法や日常生活動作の改善で痛みを予防することが可能な場合が多くあります。
肩の痛み、肩こり
人間は二足歩行をするために、もともと首や腰に負担がかかりやすい体をしています。首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張し、血行が悪くなり、重く感じるのが肩こりの原因といわれています。
主な診察例
肩こりが強い、手にしびれがある、などの症状がある場合は首の骨に異常がないかを調べます。また多くの肩の痛みは肩甲骨の位置の異常や動きの悪さから起こることがあります。姿勢の状態や頸椎症や五十肩などの有無を含め原因を見極めた治療を受けることが可能です。
保険外診療「姿勢測定」を見る>>
◆ ご自身で出来ること、気をつけてほしいこと
蒸しタオルなどを患部にあてて温めてみてください。ゆっくりと入浴して体全体を温め、リラックスして疲れをとることも大切です。温めることで筋肉の血行が促進され、血流がよくなり、肩こりの軽減が期待できます。
また、冷え性は血行が悪くなり、肩こりにつながる可能性があります。夏の冷房対策、栄養バランスのとれた食生活を心がけ、冷え性を改善するのも重要なポイントです。
 
左:肩(烏口肩峰アーチ)の超音波画像
右:烏口肩峰アーチ(ドップラー)

撮影部位
投球等による肩の障害
野球やバレーボールなど、腕を大きく振る動作を繰り返すスポーツでは、肩の障害を起こしやすく、それが直接パフォーマンスにも影響するため、適切な治療が必須です。単純に「やり過ぎ」が原因となることもありますが、多くは体幹や股関節の柔軟性不足、肩や肩甲骨周囲の筋力不足、不適切な動作フォームなど、様々な体の要因が絡んでいます。
主な治療の流れ
肩の構造は複雑なので、「肩」の中でも「どこのどのような」損傷なのか、医師が診察を行います。必要性に応じて超音波エコー画像、MRI画像も用い、痛みの部位がどこでどの程度損傷しているのかを診断します。スポーツの休止が必要か、スポーツを続けながらの治療が可能か、そのための注意点は何か、などを体全体の状態も確認しながら提案させていただきます。
その後、理学療法士が肩の痛みを発生させる原因となる体の不十分な部分に対して施術を行います。併せて、普段心掛けることや自主トレーニングの方法を提案させていただきます。
 

運動療法の例

・15歳 男性 硬式野球チーム(ボーイズリーグ)所属

2ヶ月前からの首と肩の痛みにより来院。3週間後に全国大会を控えていた。
画像での診断では、重要な肩の損傷はなし。
体の状態は、体幹の筋力アンバランスと肋骨の動きが不十分なことから肩甲骨の動きが阻害され、投球時に肩に負担が集中していると疑われた。体幹や肩甲骨周囲のストレッチを自主トレーニングでも毎日十分に行うことで、痛みは軽減。野球を継続しながら治療を行い、全国大会にも投手として出場した。最終的には初めての来院から3ヶ月間で体の状態も万全になり、治療終了した。

痛みが気になる方は、ぜひ診察にいらしてください。
初診予約フォームへ

初回ご予約フォーム
再診ご予約フォーム 別ページへ
<<
>>
診療時間【予約制】
  月・火・水・木・金・土
    午前10:00~14:00
    午後15:00~19:00

休診日:
  日曜・祝日

診療疾患:
  膝や腰の痛み、肩のコリや痛み
  関節や筋肉の痛み・しびれ
  スポーツによるケガやその予防など
簡単WEB診断
痛みを治したいカラダ、スタイルを整えたいセカンドオピニオン希望の方
ページTOPに戻る